海外発送/国際配送サービスの転送コム
 

【free design 吉祥寺店】北欧のカゴと工芸品フェア

北欧のカゴと工芸品フェア開催のお知らせ

吉祥寺店では2022年7月29日(金)から8月21日(日)までの期間、「北欧のカゴと工芸品フェア」を開催いたします。

国土の多くを豊かな自然で占められた北欧の国々。広大な森には、白樺や松(パイン)などが生い茂り、人々は長い冬の手仕事として、それらの樹皮でカゴを編んだり、木彫りの工芸品をつくるなどの文化を育んできました。
北欧特有の素材感とデザインが魅力のカゴや工芸品ですが、最近は北欧でもつくり手が少なくなり、手仕事のものになかなか出会えなくなってきています。

今回のフェアでは、フィンランドやスウェーデン、デンマーク、バルト三国から、希少な手づくりのカゴや工芸品を約500点集め、展示・販売いたします。日々活用でき、経年変化などを楽しみながら長く使い続けることができる逸品ばかり。素材などによる個体差もお手に取ってご覧いただけますので、ぜひこの機会にご来店ください。

北欧の森が育んだ様々なカゴが並びます

白樺、パイン、ウィローなど種類はさまざま。
小物を収納できる小さなものから、ブランケットを丸ごと収納できる大きなものまで、サイズも形もたくさん集めました。 編み目が美しい北欧のカゴは、収納道具としてはもちろんのこと、インテリアのアクセントとしても活躍してくれます。使い込むほどに色合いが変わっていく様子も自然素材ならではの楽しみ方です。北欧の家庭では、そんな「カゴ」を何十年と受け継いでいくのだとか。使うほどに暮らしになじみ、愛着が湧くカゴをインテリアに取り入れてみるのはいかがでしょうか。

北欧のカゴと工芸品フェア 白樺のカゴ バスケット
北欧のカゴと工芸品フェア 白樺のカゴ バスケット

【白樺のカゴ】
白樺の樹皮で編まれたカゴ。北欧らしい木肌が美しく人気の素材。軽くて丈夫なので持ち運びにも便利です。
油分が多いため弾力性があり、湿気にも強く滑らか。初めはうす茶色や茶色ですが、使うほどに飴色に変化していきます。

北欧のカゴと工芸品フェア パイン(松)のカゴ バスケット
北欧のカゴと工芸品フェア パイン(松)のカゴ バスケット

【パイン(松)のカゴ】
パイン材の樹皮で編まれたカゴ。北欧のパイン材は、冬には−30℃にもなる厳しい寒さの中で育つため、他国のものと比べ年輪が細かく美しいのが特徴です。油分が多いため、割れにくく湿気にも強いという特徴があります。ピンクがかった白っぽい木肌ですが使っていくほどに飴色になり風合いが増していきます。

北欧のカゴと工芸品フェア ウィロー(柳)のカゴ バスケット
北欧のカゴと工芸品フェア ウィロー(柳)のカゴ バスケット

【ウィロー(柳)のカゴ】
ウィロー(柳)の枝の皮で編まれたカゴ。細くしなやかで、複雑なかたちや編目にも対応できるのが魅力。通気性に富み、軽くて丈夫です。柳の枝をそのまま編んだ「柳」と、煮て干すことによって飴色に自然変色した「煮柳」など、加工方法によって風合いが異なります。どれも年月とともに深い色合いに変化し高級感を増していきます。



PICK UP!

カゴや木製ボックス、トレー、ククサと呼ばれる木製マグカップなど北欧の工芸品も多数展開いたします。

北欧のカゴと工芸品フェア pick up!

ブロール・フォシュルンド

スウェーデンのヨーテボリ郊外で活動している、「ネーベルスロイド」と呼ばれる白樺樹皮細工職人のブロール・フォシュルンド/Bror Forslundさんからは、上質な白樺樹皮のカゴとあわせて、コーヒーフィルターホルダーやバッグなども並びます。
丁寧に編まれた美しい白樺のカゴは必見です。

北欧のカゴと工芸品フェア pick up!

ボー・オーケ・リュンガルス

フィンランドのマラックスに住む木工職人、ボー・オーケ・リュンガルス/Bo-Åke Ljungarsさんの、「ヴァッカ」と呼ばれるフィンランドのシェーカーボックスは日本でも人気のアイテム。伝統的な技法でつくられたアルダー素材のボックスやオーバルトレーのほか、波打つような独特な木目が美しい希少なカーリーバーチを蓋部分に使用したボックスなどもご用意しています。

北欧のカゴと工芸品フェア

開催概要


【開催期間】
2022年7月29日(金)〜8月21日(日)

【会場】
freedesign 実店舗
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-18-2-2F
営業時間:11:00-19:00
無休



【注意事項】
※ご来店の際には、マスクの着用ならびに、店内でのソーシャルディスタンス確保のため、2名様以下でのご来店にご協力いただけますようお願い申し上げます。
※店内が混雑してしまった場合には、ご入店を制限させていただく場合がございます。
ご不便をおかけすることになり、誠に恐縮ではございますが、何卒ご理解のうえ、ご容赦いただけますよう、お願い申し上げます。

sns

フェアの最新情報はインスタグラムにてご紹介いたします。

» free design インスタグラムはこちら
» #北欧のカゴと工芸品フェア