海外発送/国際配送サービスの転送コム
 
カトラリー・箸・箸置き > ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost)
ジャン・デュボ/Jean Dubost > ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost)
ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost)
ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost) ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost)

ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ/Jean Dubost)



価格  円(税抜)



数量:


  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料
  • >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
種類 x カラー

キャビアオリーブステンレスミルク
ティースプーン(¥1,000)
デザートフォーク(¥1,000)
バターナイフ(¥1,400)
テーブルスプーン(¥1,400)
テーブルフォーク(¥1,400)×売り切れ再入荷
イングリッシュナイフ(¥2,000)


  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    持ち手の色は同色で揃えても、夫婦や家族で色を変えて使い分けても。写真上は「ティースプーン」と「デザートフォーク」の「ミルク」、写真下は「オリーブ」。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    「バターナイフ」は塗るだけでなく、「チーズ」やフルーツをカットすることもできます。写真は「バターナイフ ミルク」。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    「ステンレス」は重厚感があります。波状の刃は、しっかり焼いたステーキやバケットなどのパンも切ることができます。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    持ち手のカラーは全部で4種類。左から「キャビア」、「オリーブ」、「ステンレス」、「ミルク」。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    手に持ったときのサイズ感です。写真左から「ティースプーン キャビア」、「ケーキフォーク キャビア」、「テーブルスプーン ステンレス」、「テーブルフォーク ステンレス」、「バターナイフ ミルク」、「イングリッシュナイフ オリーブ」。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    ライヨールのシンボルであるミツバチのマーク。スプーン・フォークは表面に、ナイフは側面に付いています。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    全ラインナップ。カラーで揃えて使うと統一感があります。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    大ぶりなテーブルスプーン、テーブルフォークは、カレーやパスタなどどんな料理でも使えます。写真は「オリーブ」。

上品で優雅なデザインが魅力
ミツバチマークのカトラリー

ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ)

フランスを代表する刃物の産業地として有名な町、ティエール。この町では数多くのステンレス製品が製造されています。そのティエールに拠点を置く1920年創業の「ジャン・デュボ/Jean Dubost」社の「ライヨール/Laguiole」シリーズのカトラリー。国内外のレストランをはじめ、一般家庭でも使われるなどして愛され続けています。

ライヨールという名前は、フランス南部にあるライヨール(ラギオール)村のこと。この村でかつてつくられていた折りたたみ式のポケットナイフが、のちに刃物の町ティエールで製造されるようになりました。 また、ライヨール シリーズにつけられているミツバチのエンブレムは、ナポレオン時代に戦場で活躍したライヨール村出身の兵隊を讃えるため、ナポレオンの紋章にあしらわれていたミツバチのマークをつけたことが由来になっているのだそう。「ライヨール」と謳った製品が主にティエールでつくられるようになって200年以上経ちますが、ライヨールの誇りともいえるエンブレムは健在です。

手に取った時、その持ちやすさに驚きます。持ち手の中心は太く、先が細くなっています。また、一般的なステンレスのカトラリーに比べて、持ち手が厚くつくられているため隙間が少なく手にしっかりフィットするのです。
メインディッシュに活躍する「テーブルスプーン」、「テーブルフォーク」はサイズが大きめなので、汁物を多くすくうことができたり、パスタをたくさん絡め取ることも。「ティースプーン」や「デザートフォーク」は、ヨーグルトや果物、デザートを食べるときなど様々な場面で活躍します。「イングリッシュナイフ」は鋭い波刃が、ウェルダンで焼いたステーキもキレイにカットしてくれます。「バターナイフ」は刃がついているので、バターを塗るだけでなく、チーズや果物をカットすることもできます。
そして、テーブルに並べれば、いつもの食卓が上質で優雅な印象に。グラノーラやカレー、パスタにステーキ。ジャン・デュボのライヨール カトラリーは食事の時間をより楽しみにしてくれる存在になるはずです。

details
商品詳細

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    イングリッシュナイフ(上)はギザギザとした鋭利な刃先、バターナイフ(下)は丸みのある刃先になっています。つばの部分にハチのエンブレムが付けられています。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)

    スプーン・フォークは裏面にロゴがあります。

  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)
  • ライヨール カトラリー(ジャン・デュボ) Laguiole Cutlery(Jean Dubost)
ブランド
ジャン・デュボ/Jean Dubost(フランス)
サイズ
ティースプーン:W2.7×D1.1×H15cm
デザートフォーク:W2.3×D1.8×H16.5cm
バターナイフ:W2×D0.8×H15.2 (刃渡り6.5)cm
テーブルスプーン:W4×D1.8×H21.5cm
テーブルフォーク:W2.5×D1.8×H21.5cm
イングリッシュナイフ:W2×D1.8×H23.5 (刃渡り 11.5)cm
素材
ステンレス、ABS樹脂
生産国
フランス
備考
食洗機は変形や傷の原因になりますので、使用しないでください。

brand
ブランド紹介

ジャン・デュボ

1920年、ピエール・デュボ/Pierre Dubostとその妻マルセル・コーラス・プラデル/Marcelle Colas Pradelが創業。フランス中部のティエール地方の小さな工房からスタートし、息子のジャン・デュボ/Jean Dubostの代で成長、その名前がブランド名になっています。数多くカトラリー、ナイフ、キッチンツールを製造、販売しており、中でもミツバチのエンブレムが特徴の「ライヨール/Laguiole」シリーズは、国内外の食卓やレストランで使用され世界的に高く評価されています。

attention
ご購入前に知っておいていただきたいこと

素材の特性上、製造工程で生じる以下のような点がございますが、メーカーの品質基準をクリアした商品になります。また、当店にて再度検品を行った製品をお客様にお届けしております。下記のことを製品仕様としてご了承いただきました上で、ご購入下さいますようお願いいたします。

  • 持ち手部分の色の濃淡が見られる場合がございます。

  • 擦れが見られる場合がございます。

  • 細かい凹みや傷が見られる場合がございます。

  • 留め具の上に樹脂が被っている場合がございます。

  • 表面に傷が見られる場合がございます。

staff recommend/スタッフも愛用しています

今までバターナイフは適当なものを使っていましたが、ジャン・デュボのバターナイフに替えてから、バターの塗りやすさも朝の食卓の雰囲気も一変!雑然としていたテーブルの上が、このナイフをポンと置いておくだけでなんだか、いい感じ。バタバタの朝にも気持ちのゆとりが生まれた気がします。細かいところをこだわるって大事なんだなぁと改めて思いました。(スタッフ ワクイ)