海外発送/国際配送サービスの転送コム
 
free designオリジナル > 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)
プレート・平皿 > 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)
ボウル・深皿・おわん > 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)
プシプシーナ珈琲 > 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)
伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲) 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲) 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)
伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲) 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲) 伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)

伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)



価格  円(税抜)



数量:


  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料
  • >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー

選択
小皿 ねこ(\1,000)
そば猪口 ねこ(\1,700)


伊万里焼 小皿・そば猪口 (陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)imari round plate sobachoko(toyo kanemon×pushi pushiina coffee)

  • 「そば猪口」(左)に飲み物、「小皿」(右)にお菓子を淹れてティータイム。
    呉須で描かれた「ねこ部長」の顔が印象的です

  • 「そば猪口」(右)も「小皿」(左)も「ねこ部長」が大きく描かれています。
    「そば猪口」は、今回のために店主・登尾紘子さんが描き下ろしたオリジナルデザイン

  • 「そば猪口」の「ねこ部長」の反対側にはブランド名の頭文字「プ」の印が。
    前後から楽しめるデザインです

  • 左から「小皿」、「そば猪口」の裏面。
    どちらも裏面は真っ白でシンプルなデザインです

  • 「小皿」(左)は醤油皿として使ったり、副菜を盛りつけるのにも。
    「そば猪口」(右)はそばつゆだけでなく、小鉢やデザートカップとして使い勝手のいいサイズです

伊万里焼 小皿・そば猪口(陶窯 寛右エ門×プシプシーナ珈琲)

香川県でこだわりのコーヒー豆を焙煎する「プシプシーナ珈琲」。
350年に渡り伊万里焼をつくり続ける「陶窯 寛右エ門(とうよう かんえもん)」にお願いしてオリジナルの「小皿」と「そば猪口」をつくってもらいました。

一度見たら忘れられないプシプシーナ珈琲のマスコットキャラクターである猫、その名も「ねこ部長」。
「陶窯 寛右エ門」が伊万里焼特有の滑らかで美しい磁器に「印判」という柄を転写する技術を使って、爽やかな藍色で絵つけをしてくれました。手作業で転写しているため、印判ならではのかすれや絵柄のずれなども味わいの一つ。

「小皿」には中央に「ねこ部長」の横顔が描かれていて、食べ進めるごとにだんだん姿を現すのが楽しい一枚です。
「そば猪口」は今回のために「ねこ部長」の生みの親でもあるプシプシーナ珈琲店主・登尾紘子さんにデザインしてもらいました。中央に横顔、そして器の上下をコーヒー豆がぐるっと囲みます。横顔の反対側にはブランド名の頭文字「プ」がハンコのように記されていて、なんとも味のあるデザインに。

「小皿」にお菓子、「そば猪口」に飲み物を淹れてお茶の時間を演出するのも素敵。
コーヒーとクッキーの組み合わせはもちろん、呉須の藍色と白磁には日本茶も映えるので、お茶と和菓子も似合います。

それぞれでも使い勝手の幅が広い「小皿」と「そば猪口」。
食卓での登場回数も多く、いくつあっても便利な器です。

details
商品詳細

ブランド
陶窯 寛右エ門
サイズ
小皿:約φ100×H20mm
そば猪口:約φ80×H60mm
容量
そば猪口:約170ml(満水)/約136ml(8分目)
重量
小皿:約70g
そば猪口:約145g
材質
磁器
備考
・電子レンジ、食洗機は使用可
・オーブン、IH、直火では使用できません。

brand
ブランド紹介

陶窯 寛右エ門

佐賀県伊万里市大川内山(おおかわうちやま)は江戸時代、佐賀藩の御用窯(ごようがま)が置かれた地で、将軍や老中などに献上する焼き物が焼かれていました。
優秀な技術者を集めて精巧な焼き物がつくられていたといい、谷の入り組んだ人里離れたところに窯をつくり、その技術や製法は秘密とされ守られてきました。今でも伝統を継ぎ、当時の名残から「秘窯(ひよう)の里」と呼ばれるほどの焼き物の町として知られています。
そんな地に工房を構える「陶窯 寛右エ門(とうよう かんえもん)」は創業1670年のこの地でも歴史ある窯元。
現在では、七代目・瀬戸口寿司(ひさし)さんを中心にこれまでの伝統を受け継ぎつつ、現代の感覚を織り込んだ器をつくり続けています。




 

プシプシーナ珈琲

香川県は高松市の閑静な住宅街のなかにある「プシプシーナ珈琲」。
店主がじっくりと焙煎したコーヒー豆を販売しています。また、店内にあるカフェスペースでは、煎りたて挽きたてのおいしいコーヒーを味わうことができる素敵なお店です。
ちなみにパッケージなどにプリントされているネコは、プシプシーナ珈琲で暮らす黒猫がモデルなのだそうです。

プシプシーナ珈琲

attention
ご購入前に知っておいていただきたいこと

製造工程で生じる以下のような点がございますが、メーカーの品質基準を満たした商品になります。また、当店にて再度検品を行った製品をお客様にお届けしております。下記のことを製品仕様としてご了承いただきました上で、ご購入下さいますようお願いいたします。

  • 「印判」という、一つ一つ手作業で柄を転写する手法でつくられているため、柄の欠けや濃淡、ズレ、にじみなどが見られることがあります

  • 「印判」という、一つ一つ手作業で柄を転写する手法でつくられているため、柄の欠けや濃淡、ズレ、にじみなどが見られることがあります

  • 釉薬がかかっていない部分がある場合があります。使用には問題ありません