海外発送/国際配送サービスの転送コム
 
ステーショナリー > タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala 書籍
イッタラ・アラビア/iittala ARABIA > タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala 書籍
タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala 書籍 タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala 書籍
タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala 書籍 タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala 書籍

タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala 書籍



価格 5,500 円(税込)
(税抜価格 5,000 円)



数量:


  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料
  • >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。


  • ウルティマ ツーレ,Ultima Thule,タピオ ヴィルカラ,tapio wirkkala,イッタラ,iittala

    1981年に開催されたヴィルカラの回顧展のために出版された図録を復刻。ヴィルカラ自身が監修に携わった一冊です。

  • ウルティマ ツーレ,Ultima Thule,タピオ ヴィルカラ,tapio wirkkala,イッタラ,iittala

    貴重なドローイング資料なども収録されています。

  • ウルティマ ツーレ,Ultima Thule,タピオ ヴィルカラ,tapio wirkkala,イッタラ,iittala

    ヴィルカラ自身が撮影した写真も複数掲載。ヴィルカラの視点をレンズ越しに垣間見ることができます。

  • ウルティマ ツーレ,Ultima Thule,タピオ ヴィルカラ,tapio wirkkala,イッタラ,iittala

    ヴィルカラが手掛けたカップやグラスなどの写真や、ドローイングやスケッチも多数。

  • ウルティマ ツーレ,Ultima Thule,タピオ ヴィルカラ,tapio wirkkala,イッタラ,iittala

    巻末に日本語訳がまとめられています。ヴィルカラについて日本語で紹介する初めての書籍です。

タピオ・ヴィルカラを知るなら、
まずはこの一冊。

タピオ・ヴィルカラ 書籍

フィンランド工業デザインの中心人物として広く知られる、タピオ・ヴィルカラ/Tapio Wirkkala(1915-1985)。食器や家具などの製品デザインだけでなく、彫刻やグラフィックデザインなども手掛けるマルチな才能を持った人物で、日本にもファンが多いデザイナーです。

この書籍は、1981年にロシアで行われたヴィルカラの回顧展のために出版された図録を復刻したもの。40年以上前の図録ですが、ヴィルカラ自身が監修に携わり、生前最後に出版を認めた貴重な書籍です。

作品や自分自身のことについて多くを語らなかったヴィルカラ。作品の分析や解説が難しいとされていましたが、回顧展と図録によって、その思考のエッセンスの一部を知ることができたといわれています。しかし、日本語に翻訳されたヴィルカラの資料は乏しく、フィンランド語や英語の資料を自力で翻訳するしかありませんでした。そんな中、ヴィルカラについて日本語で紹介する初めての本として出版された本書。ヴィルカラファンだけでなく、北欧デザインに興味を持つ多くの人にとっては待ち望んでいた書籍です。
さらに、原書の編集とデザインを担当した建築家ユハニ・パッラスマー氏や、ヴィルカラの活躍を間近に見てきた島崎 信氏(武蔵野美術大学名誉教授)など、生前をよく知る人々のロングインタビューも収録。身近な人々の視点を通して、ヴィルカラの人柄や知られざる一面も垣間見ることができます。



復刻にあたり、使われたのは、『Phase One』というデンマーク製の特殊なカメラ。原書を解体し、1枚ずつ撮影。印刷物の細かい表現もデータとして取り込めるので、40年前の書籍のざらついた質感や、ズレやゆがみなどもそのまま表現されています。

ヴィルカラについて日本語の解説がついた唯一の本。フィンランドデザイン界を牽引した偉大なデザイナーの思考の一部を覗き見ることができます。デザイナー自身の背景を知れば、手掛けた作品をより愛でるきっかけになるはず。

details
商品詳細

  • ケースの表紙(左)と裏表紙(右)。

  • 本の表紙(左)と裏表紙(右)。

  • 紙製のケースに入っています。

企画・構成
いわむられいこ
翻訳・編集
山口敦子
発行
ブルーシープ/Blue Sheep(日本)
サイズ
約22.5cm×H26cm(A4版変形)
ページ数
原書複製210ページ+日本語オリジナルページ

brand
デザイナー紹介

タピオ・ヴィルカラ

タピオ・ヴィルカラ(1915-1985)は、ガラスや家具などのプロダクトデザインの他、グラフィックデザインやアート作品などを手掛けるマルチな才能を持つデザイナーです。1947年にイッタラ主催のデザインコンペでデザイン賞を受賞。以来、生涯にわたって400以上ものガラス作品をイッタラのためにつくりました。自然と静寂を愛したヴィルカラは、フィンランドの深い森林地帯に建てた山小屋で過ごしながら、自然や動物にインスピレーションを得て、数多くの作品を生み出し、その多くは現在も世界中のファンを魅了しています。