海外発送/国際配送サービスの転送コム
 


スティグ・リンドべリ

20世紀におけるスウェーデンを代表し、陶芸界のプリンスとも呼ばれるスティグ・リンドベリ(Stig Lindberg)(1916〜1982年)。
スウェーデンの陶磁器メーカー、グスタフスベリに1937年に入社、以降その人気を支え、今でもグスタフスベリを代表するデザイナーです。
また、あのリサ・ラーソンの才能を見抜き、大学卒業と同時にスカウトし、23歳の彼女を同社に迎えたことでもスティグ・リンドベリの目利きが伺えます。
装飾的なインテリアやお皿から、テキスタイル、児童書籍、エナメル、ガラスアート、そして日々の生活に馴染む食器や家具まで、彼がデザイン業界全体に及ぼした影響は計り知れません。

全4件