海外発送/国際配送サービスの転送コム
 
コーヒー > コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG)
グスタフスベリ/GUSTAVSBERG > コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG)
マグ・カップ&ソーサー > コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG)
スティグ・リンドべリ/Stig Lindberg > コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG)
コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG)
コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG) コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG)

コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ/GUSTAVSBERG)



価格  円(税抜)



数量:


  • 1万円(税込)以上のお買い上げで送料無料
  • >> 「再入荷のご案内」はご予約ではありません。

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
種類

選択
ベルサ/Bersa
アダム/Adam
スピサリブ/Spisa Ribb
ブルーアスター/Blue Aster
レッドアスター/Red Aster
プルーヌス/Prunus×売り切れ再入荷
ブラックサーリックス/Black Salix
チュールチュール/Turtur×売り切れ再入荷


  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    モーニングコーヒーにぴったりな、若葉色の「ベルサ/Bersa」。リンドベリの代表作と言われる、葉脈までくっきりと描かれた印象的なデザイン。

  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    規則正しいドット柄の「アダム/Adam」は、北欧のカフェにいるかのような印象を与えてくれます。

  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    いく筋もの線が縁取るデザインの「スピサリブ/Spisa Ribb」は、コーヒータイムだけでなく普段の食卓にもシックに調和します。

  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    菊の花をモチーフとした華やかな「アスター/Aster」シリーズ。レッドとブルーの2色展開。

  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    はち切れそうな青々としたプラムが並んだ「プルーヌス/Prunus」。一度生産が途絶えてしまったものの復刻版。日本で特に人気の高いシリーズ。

  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    柳の葉が食器を囲むように連続して描かれた「ブラックサーリックス/Black Salix」。モノトーンのデザインが、モダンなコーヒータイムを演出します。

  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    ちょっとレトロで愛らしい鳥がモチーフの「チュールチュール/Turtur」。生産期間は1972年から2年間のみと、もともと生産量の少なかった本作は、復刻版でもなお希少なアイテムです。

  • コーヒーカップ&ソーサー(グスタフスベリ) Coffee Cup&Saucer(GUSTAVSBERG)

    スウェーデンの陶磁器ブランド「グスタフスベリ」の代表的デザイナー「スティグ・リンドベリ」によるコーヒーカップ&ソーサー。50年前とほぼ同じ工程で生産されているため、大量生産は叶わず、希少性の高いアイテムばかり。

手のひらの中にある
お気に入り

コーヒー カップ&ソーサー(グスタフスベリ)

スウェーデンの陶磁器ブランド、「グスタフスベリ/GUSTAVSBERG」の代表的デザイナー「スティグ・リンドベリ/STIG LINDBERG」による、コーヒーカップ&ソーサー。ほとんどのアイテムが、一度生産が途絶えてしまったものの、熱烈なファンの声に応えるかたちで復刻されたもの。とはいえ、今でも50年前とほぼ同じ工程で生産されているため、大量生産は叶わず、希少性の高いアイテムばかり。

小ぶりなカップと、同柄のソーサー。ちょっと濃いめのコーヒーを、きゅっと飲んで1日をスタートさせたいときや、小休止したいときに、ちょうどぴったりなサイズ感です。

少し縁に向けて広がるかたち。そしてやや厚みのあるぽってりとした仕上げです。
「ベルサ」と「チュールチュール」だけは筒型で、高台にポツポツっとした点が周りを囲むようについているのが特徴。大好きなコーヒータイムがもっと楽しみになる心踊るデザイン。使う喜びを教えてくれる、カップ&ソーサーです。

同じ柄で容量の大きいティー用のカップ&ソーサーもあります。家族やゲストの方の好みに合わせてお選びください。


■ベルサ/BERSA
1960年に発表された、リンドベリの代表作とも言えるデザイン。ベルサとは葉っぱを意味するのだそう。繰り返される模様の中に生き生きとした植物の息吹を感じさせる、飽きのこない柄は、定番でありロングセラーでもある所以です。

■アダム/ADAM
1956年に発表された人気シリーズ。規則正しい丸の羅列は数学的で、日本であれば丸紋なのですが、やはりドットと呼ぶのがしっくりくる感じ。男性にもファンが多いので贈り物におすすめです。

■スピサ・リブ/SPISA LIBB
1955年にスウェーデンのヘルシンボリで開催された「H55展」で発表されたシリーズ。白地にいく筋もの線が縁取るデザインは日本にもあるようで、やはり北欧の香りがするのが不思議。縁を引き締める太めのラインがポイントとなって、普段の食卓にもシックに調和します。

■アスター/ASTER
菊の花をモチーフとしたアスターシリーズは、レッドとブルーの2色展開。ポップとも形容できるデザインは、日本におけるしっとりとした菊のイメージをさらりと覆して、軽快です。こっくりと濃い赤と青は、対にして並べるとその色合わせが目を引きます。贈りものにも喜ばれること間違いなしです。

■プルーヌス/PRUNUS
1962年に発表。はち切れそうな青々としたプラムが並んだ、日本で特に人気が高いシリーズ。使う人をワクワクさせるデザインは、スティグ・リンドベリならではです。

■ブラックサーリックス/BLACKSALIX
ラテン語で「柳の葉」を意味する「サーリックス」。モノトーンでグラフィカルなデザインは、1954年、展示会で発表されて以来、多くのファンの心を捉えています。

■チュールチュール/TURTUR
鳥も葉っぱも枝も、全てが呼吸しているかのように活き活きと描かれたシリーズ。生産期間は1972年から2年間のみと、もともと生産量の少なかった本作は、復刻版でもなお希少なアイテムです。

details
商品詳細

  • カップを真上から見た様子。

  • カップを真裏から見た様子。

  • カップを真横から見た様子。

  • ソーサーを真上から見た様子。

  • ソーサーを真裏から見た様子。

  • 手に取ったサイズ感。小ぶりな「コーヒーカップ&ソーサー」(左)と、たっぷり入る「ティーカップ&ソーサー」(右)。

  • すとんとした筒形の「チュールチュール」を手に取ったサイズ感。小ぶりな「コーヒーカップ&ソーサー」(左)と、たっぷり入る「ティーカップ&ソーサー」(右)。

  • ロゴの表記や色は様々です。ご指定いただくことはできませんので、予めご了承ください。


 

コーヒーカップ&ソーサーとティーカップ&ソーサーの違い


  • 「ベルサ/Bersa」のフォルムの違い。

  • 「アダム/Adam」のフォルムの違い。

  • 「スピサリブ/Spisa Ribb」のフォルムの違い。

  • 「ブルーアスター/Blue Aster」のフォルムの違い。

  • 「レッドアスター/Red Aster」のフォルムの違い。

  • 「プルーヌス/Prunus」のフォルムの違い。

  • 「ブラックサーリックス/Black Salix」のフォルムの違い。

  • 「チュールチュール/Turtur」のフォルムの違い。

ブランド
グスタフスベリ/GUSTAVSBERG
デザイナー
スティグ・リンドベリ/Stig Lindberg
サイズ
カップ:
約φ8cm×H5.5cm
約φ8.5cm×H5cm(ベルサ)
約φ7cm×H6cm(チュールチュール)

ソーサー:
約φ15cm×H2.5cm
約φ13cm×H3cm(ベルサ)
約φ14cm×H2.5cm(チュールチュール)
容量:
約150ml
約200ml(ベルサ)
約150ml(チュールチュール)
素材
磁器
製造国
スウェーデン
備考
・正規復刻品です。ヴィンテージ品ではございません。
・使用不可:食洗器、オーブン、電子レンジ
・専用箱は付属いたしません
  • 「ベルサ/Bersa」のフォルムの違い。

  • 「アダム/Adam」のフォルムの違い。

  • 「スピサリブ/Spisa Ribb」のフォルムの違い。

  • 「ブルーアスター/Blue Aster」のフォルムの違い。

  • 「レッドアスター/Red Aster」のフォルムの違い。

  • 「プルーヌス/Prunus」のフォルムの違い。

  • 「ブラックサーリックス/Black Salix」のフォルムの違い。

  • 「チュールチュール/Turtur」のフォルムの違い。

brand
ブランド紹介

グスタフスベリ

1825年、スウェーデンのストックホルムにて設立。レンガの製造工場として建てられた「グスタフスベリ/GUSTAVSBERG」は、「ロールストランド/Rostrand」などと並ぶスウェーデンの歴史ある窯のひとつです。
スウェーデンの中でも屈指のデザイナーである「ヴィルヘルム・コーゲ/Wilhelm Kage」や「スティグ・リンドベリ/Stig Lindberg」、「リサ・ラーソン/Lisa Larson」などが在籍していたことでも有名です。現在は工房だけを残し、セラミック製品を中心に生産を続けています。

designer
デザイナー紹介

スティグ・リンドべリ

20世紀におけるスウェーデンを代表し、陶芸界のプリンスとも呼ばれるスティグ・リンドベリ(Stig Lindberg)(1916〜1982年)。
スウェーデンの陶磁器メーカー、グスタフスベリに1937年に入社、以降その人気を支え、今でもグスタフスベリを代表するデザイナーです。
また、あのリサ・ラーソンの才能を見抜き、大学卒業と同時にスカウトし、23歳の彼女を同社に迎えたことでもスティグ・リンドベリの目利きが伺えます。
装飾的なインテリアやお皿から、テキスタイル、児童書籍、エナメル、ガラスアート、そして日々の生活に馴染む食器や家具まで、彼がデザイン業界全体に及ぼした影響は計り知れません。

attention
ご購入前に知っておいていただきたいこと

素材の特性上、製造工程で生じる以下のような点がございますが、メーカーの品質基準をクリアした商品になります。また、当店にて再度検品を行った製品をお客様にお届けしております。

  • ソーサーのフチの高さが異なる場合がございます。

  • カップのフチの柄がかすれている場合がございます。

  • 黒点や色素の付着、染み込みが見られる場合がございます。

  • 柄ににじみが見られる場合がございます。

  • 表面に凹凸が見られる場合がございます。

  • 柄に欠けやかすれが見られる場合がございます。

  • 柄に欠けやかすれが見られる場合がございます。

  • 柄に欠けやかすれが見られる場合がございます。

  • 柄に欠けやかすれが見られる場合がございます。

  • 柄に欠けやかすれが見られる場合がございます。

  • ロゴにかすれやにじみ、欠けが見られる場合がございます。

  • ロゴにかすれやにじみ、欠けが見られる場合がございます。

  • ロゴにかすれやにじみ、欠けが見られる場合がございます。

staff recommend/スタッフも愛用しています

北欧に興味を持ち始めた20年くらい前は、グスタフスベリは憧れのアイテムでした。特にこちらのアスターは当時は復刻されてなく、ヴィンテージは高額でまさに"高嶺の花"。ようやく手が届く価格になったのは嬉しいですね。花柄だと甘くなりがちですが、深みのあるブルーのおかげでシックで上品な印象に。普段使いもお客様へも使える、お気に入りのカップ&ソーサーです。(スタッフ ヒグマ)